【人気】太ももにスキマを作るガードルって効果ある?

Pocket

metabolic_futomomo1

両足を揃えるとお肉とお肉がぶつかり合い、スキマが出来ない足に悩んでいる女性は非常に多いですよね。

  1. 全体的にお肉が付いている
  2. 上半身だけ太っている
  3. 下半身だけ太っている

太り方は大まかに分けるとこのようになるのですが、特に3が多いです。

足を細くするために歩いたり食事制限をしているのになぜか足だけ細くならない・・・このような悩みを解決するために私なりに色々調べてみました。

そして、一番効果がありそうだったのが【ガードル】です。

ガードルって知っていますか?簡単に説明すると、履くだけで骨盤などのケアが出来て足も細くなるタイツみたいなものです。

履いたままでもズボンに線など出ないことから、普段も付けている方もいますね。

今回はこのガードルについて詳しく解説していこうと思います。ガードルをメインとしたダイエット方を紹介していくので参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

ガードルつける事でどのような効果があるのか?

mark_question1

つけるだけで細くなるって本当なの?嘘じゃないの?

と疑う方も多いかと思いますが、付けると付けないとではやはり全然違いますね。

また、履く事によってヒップも上がり下っ腹も凹むのでオシャレも少し楽しむ事が出来ます。

では実際どのような効果が実践者の声も参考にしながら、詳しく解説していきたいと思います!

骨盤を矯正する

ガードルを付ける事によって、姿勢が良くなります。良くならないタイプの物もありますが大半は姿勢を矯正してくれるんですね。

骨盤は姿勢が悪い状態で生活をしていると、徐々に徐々にゆがんでいきます。ゆがむことで、

  • 下っ腹が出る
  • おしりがより大きく見えてしまう
  • クビレが出来ない
  • ウエストの高さが合わない

などの原因になります。

骨盤が原因という事は、骨盤を直せばこういう事にはならないと言うことです。

付けるだけ姿勢が矯正されるので、1日中付けているのが良いですね。締め付けが嫌だという方はちょっと耐えられないかもしれません・・・

また、私の考えですがガードルを履くことで姿勢が良くなると言うことは、姿勢を正すのに背筋を使ってないという事にもなります。

そうなると、背筋は使われないのでどんどん低下していきます。

ですので、背筋は少ない回数でも良いので毎日やるようにしましょう。やることで背筋の低下を防げますし、骨盤も改善されやすくなりますよ。

足が細く見える

下っ腹が凹み、ヒップもキュッと上がるのでパンツスタイルの時は非常にキレイですよ。

しかし履いている時だけですので、脱いだ時はさほど変わらないかもしれません。でもこれは当たり前ですよね。脂肪が燃えている訳ではないんですから。

このガードルはあくまでも骨盤を矯正するサポーターだと認識して下さい。

履かないよりかは細くなりますが、劇的には変わらないので期待しすぎなようにしましょう。

ダイエット関連の商品って、なぜかわからないけど買っただけで「これで痩せられる」と思ってしまいますよね?

安くないお金を支払っているので、そう思うのは当然だと思います。しかしこの期待感のせいでダイエットを継続できなくさせてしまっているのです。

ですので、「履いてれば骨盤が矯正されていつか細くなるのね(笑」くらいの気持ちで使ってください。

ダイエットはこのくらいが丁度良いですよ。

下っ腹も同時に解消

下っ腹が出てしまう理由って、もちろん脂肪も関係しているのですが姿勢が悪くて前傾姿勢になってしまっているからなんです。

試せばわかると思いますが、背中を反ればお腹は細くなりますよね?

ですので、下っ腹も姿勢と骨盤が矯正されれば解消されるのです。もちろん脂肪が燃えている訳ではないので物理的には痩せていません。

しかし圧倒的に痩せて見えます。

ダイエットのプラスα要素で考えれば、ここまで最強な物はないと思います。ただ履いてるだけですしね。

要点まとめ

骨盤のゆがみの矯正=痩せやすい体に

足が細くなったように思うが、脂肪が燃えている訳ではない

前傾姿勢の改善

普段、必ずやるべき3つの事

pop_chumoku1

いかがでしたか?

ガードルがどういうものなのか、どのような効果があるのかなどわかって頂けたかと思います。

しかし、読んでいてわかったかと思いますが、最終的に脂肪を燃やさないと結果としてダイエットに成功したとは言えません。

ですので、次は脂肪は燃やすためにやるべき事を話していこうと思います!

夜ご飯を少なくする

夜ご飯を野菜メインにして、炭水化物をカットする事で体重は減ります。

もちろん、お肉や魚などは食べてOKです。しかし、痩せたいからと言って絶対に食事を抜かない様にしてください。

食事を抜いてしまうと、吸収が普段の数倍になってしまいより脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

ですので、ダイエットをしている時こそ規則正しく3食しっかり食べる事が大事なんです。揚げ物の食べ過ぎはダメですが・・・

早食いの禁止

早くご飯を食べてしまうと、満腹感を味わえずたくさん食べようとしてしまいます。

ですので、はやる気持ちを抑えてゆっくり咀嚼しましょう!最低でも30回ほど噛むのが理想ですね。

毎回、30回ほど噛んで食事をしていると、全ての食事を食べきることが出来なくなります。ゆっくり噛んで食べると満腹中枢が刺激されすぐにお腹いっぱいになります。

痩せるには、早食いを改善しないと絶対に成功しないので、意識していきましょう。

間食の禁止

これは当然ですよね。

脂肪の燃焼は食べた物からしていくので、余分なカロリーを摂取してしまうと蓄えてある脂肪を燃やすことができなくなってしまいます。

間食の禁止に加えて、

  • 甘いもの
  • 塩分
  • 揚げ物

も少し控える様にしましょう。説明しなくてもわかりますよね?太るからです(笑

最初は辛いかと思いますが、最初の1ヶ月を乗り越えると体が慣れてきます。それまで必死に耐えて足のスキマをつくりましょう!

ちょっとのトレーニングを積み重ねる

  • 腹筋10回
  • 背筋20回
  • スクワット20回

この程度のトレーニングでも構いません。毎日の積み重ねが大事ですので1日に100回やってもあまり意味がないです・・・

むしろ、無駄に筋肉痛になってしまうのでマイナスですね。

このくらいの筋トレでしたら5分で終わります。1日に5分も確保できない人間はいないですよね?

ダイエットは小さい事の積み重ねですので、一つ一つこなしていきましょう!

目指せ!スキマが美しいモデル脚!

おさらい

夜ご飯を少なくする(抜くのではなく、炭水化物や揚げ物の量を減らす事)
➾食べないという選択は絶対にダメ

早食いの禁止(満腹感を意識しましょう)

間食の禁止(脂肪燃焼できなくなりますよ?)

ちょっとのトレーニング(ちりも積もれば山となる精神です)


▲上に戻ってもう一度記事を読み直す▲

スポンサードリンク

benpi

このページの先頭へ