プロゲステロンの嬉しくない効果(妊娠中に起こる便秘原因)


腸

妊娠中に便秘に悩まされる方は、少なくないようです。それには何か理由があるのでしょうか。妊娠中の便秘の主な原因はプロゲステロンというホルモンの分泌が大きく関わっています。

プロゲステロンとは、一体どんなホルモンなのでしょうか?妊娠すると、プロゲステロンというホルモン(黄体ホルモン)が分泌されます。プロゲステロンは妊娠を維持するのにとても大切なホルモンです。

スポンサードリンク

妊娠中のプロゲステロンの働き

  • 受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を柔らかく保つ働き。
  • 体温を上げ、高温期を保つ働き。
  • 妊娠後、出産し授乳できる身体にする為乳線を発達させる働き。
  • 筋肉の収縮を抑え、子宮が収縮し流産するのを抑える働き。

つまり、プロゲステロンは妊娠を維持し、その後の母の身体をつくるホルモンだという事が言えます。

妊婦

妊娠しにくい方や、不妊治療などで受精はしたが、微妙に出血したりで妊娠状態が保てるか不安定な時はプロゲステロンを高い状態に保つ為に内服薬を飲む場合もあります。

それほど妊娠には不可欠なホルモンプロゲステロンですが、妊婦の身体に嬉しい効果だけではありません。

プロゲステロンの嬉しくない働き・効果

  • 気分が沈みやすくなるなど、感情が不安定になる働き。
  • 肌荒れを起こす場合がある。
  • 内臓(胃や腸)の働きを抑える。

このプロゲステロンの嬉しくない働き3の内臓の働き抑えるという効果が便秘に深く関わっているのです。

便は、腸のぜん動運動により排出されます。その腸の働きが抑えられる事で便秘が起きやすくなります。

元々女性は男性にくらべ筋肉が少ないので、便を排出する力は強くないと言えます。それに加え内からの力も鈍る事からどんどん便秘が進んでいくのです。妊娠中は、運動を極端に控えてしまう事も、便秘の悪化を招きます。

kinniku_character

妊娠中は、女性の身体は劇的に変化していきます。体は子宮内膜を柔らかく保つ為にたくさんの血液を子宮に送ります。そして、赤ちゃんの命の海の羊水を作り続けます。それは今まで通りの水分補給では、足りない事をあらわしています。その水分不足も便秘を悪化させてしまう一因を担っています。bousai_water

妊娠中の便秘予防に青汁を飲んでいました

妊娠中の便秘を予防するために、私は青汁を飲んでいました。妊娠中つわりで食べられなかったので、青汁を飲んで栄養補給していました。

aojiru_woman

青汁の優れた栄養補給効果や、酵素の働きを知り、妊娠中は本当にお世話になりました。

そのおかげか否かはわかりませんが、便秘する事もなく、元気で白い(私は超地黒なんですが笑)子供を2人も産む事が出来ました。

妊娠中便秘でお悩みのみなさん、今はたくさんの良い青汁があります。

自分に合ったものを見つけ妊娠ライフを楽しく乗り切って下さいね。

>>便秘解消専門の青汁人気ランキング


▲上に戻ってもう一度記事を読み直す▲

スポンサードリンク

benpi

このページの先頭へ