【デブ注意】糖質や炭水化物が多い食品・野菜・料理一覧表【保存版】


himan06_woman

「この料理はヘルシーだからたくさん食べて大丈夫!」と根拠もないのに、思い込んでしまっているあなた。

そのままでは、痩せるどころかデブまっしぐらですよ?

ヘルシーそうに見えて実は太る原因であったり、低カロリーに見えて高カロリーだったりなど色々なケースがあります。

ダイエットはむやみやたらにやると失敗しやすいんです。

  • 何が太る食材で
  • 何の栄養が必要で
  • どのような事をすれば良いのか

を把握することによって、あなたのダイエットの成功確率は上がります。と言うことは逆も然りです。

何が太る食材かわからないまま生活をしていたら?

せっかくダイエットを頑張っているのに、無駄な努力になってしまい途中で挫折してしまうかもしれないですよね。

【太る食材】を知るという事は非常に重要なんです。

ですので、今日は太る食材や料理などについて色々解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

炭水化物で太ってしまう本当の理由

food_gohan_hakumai

誰もが知っていると思いますが、炭水化物って糖質ですよね。

糖質が体の何に役にたっているか分かりますか?簡単に言うと、動くために必要なエネルギー源なんです。

脂質とかタンパク質もエネルギー源になるのですが、再優先されるのは炭水化物。

脂質よりも炭水化物から消費されると言うことは?

たくさん運動を頑張っても、炭水化物をたくさん摂取していたらその炭水化物から消費されてしまうので、脂肪が全く燃えないんです。

簡単に言うと、炭水化物を食べ過ぎる=脂肪が燃えにくくなると言うこと。

だから、ライザップとかは炭水化物を食べさせないようにして、脂肪を効率良く燃焼させようとしているのです。

ここで注意点があります。炭水化物抜きダイエットは非常にリスクを伴います。

指導者がいる方は良いのですが、独学でやると最悪死に至る可能性もありますので、やらないようにしましょう。

糖質で太ってしまう本当の理由

food_eiyou1_toushitsu

炭水化物を食べ過ぎると、痩せにくくなるという話をしてきました。しかし、これだけではないのです・・・

炭水化物は、お腹の中で消化されるとブドウ糖、いわゆる糖質になります。

お茶碗いっぱいのご飯150gで、糖質が56g含まれているんですね。これを角砂糖に換算すると・・・

角砂糖14個分になります。

すごい量ですよね?そりゃあたくさん食べれば太るのも頷けますよね?他の炭水化物も換算してみると、

  • 食パン1枚:糖質35g(角砂糖9個分)
  • うどん1杯200g:糖質42g(角砂糖10個分)
  • そば1杯180g:糖質43g(角砂糖10個分)
  • スパゲティ200g:糖質54g(角砂糖14個分)

という恐ろしい結果になります・・・・

糖質を摂取してブドウ糖に変わると、インスリンというホルモンが出てブドウ糖を血管に取り込み、筋肉や肝臓にあるグリコーゲンという場所に保管するんですね。

このグリコーゲンに取り込めない量になってしまうと、脂肪になってしまうのです。

と言うことは、炭水化物をたくさん摂取していると、脂肪としてたくさん蓄えられどんどん太っていくことになります。

食材について知っていないと、どんどん太っていってしまうんです。

ですので、今日で太る食材などをしっかり覚えてダイエット成功に近づける様に頑張っていきましょう!

実は糖質や炭水化物が多い食品の表まとめ

細かく書くと長くなってしまうので、簡単に表にまとめてみました。

食品 野菜 果物 飲み物 料理
ジャム じゃがいも バナナ ミルクココア チャーハン
漬物 にんじん マンゴー 抹茶 ラーメン
ガム さつまいも 甘酒 うどん
アメ かぼちゃ りんご 果物のジュース そば
せんべい とうもろこし みかん 炭酸飲料 スパゲティ
タピオカ れんこん メロン 日本酒 パン
小麦粉系 ごぼう ぶどう ビール マカロニ

たくさんありすぎるので、ここには書ききれないの日常で食べたり飲んだりする機会が多い物にピックアップして選んでみました。

量は少ないですが、毎日頻繁に食べている物ばかりですよね?

私達は日常生活において、自分が思っている以上に炭水化物や糖質を摂取しているんです。

本気で痩せたいと思っているなら、炭水化物を減らしていかない限り思ったようなダイエットは出来ないと私は思っています。

1日の炭水化物や糖質の摂取量を減らすだけで、体重は落ちます。しかし、減らしたり抜いたりしただけで痩せると、リバウンドしやすくなってしまいます。

当然ですよね?食事量を減らせば痩せると言うことは、食事量を増やせば体重も増えるのです。

炭水化物の誘惑に勝てるとダイエットの成功率が上がるので、頑張りましょうね。

炭水化物を抜くと危険な理由

kiken_girl

この記事を読み終わった頃には、炭水化物を悪い様にしか言っていないので、炭水化物の必要性も話しておこうと思います。

炭水化物を摂取しないと、

  • 生活習慣病のリスクが上がる
  • エネルギー不足になる
  • 脳がうまく機能しない

などの事が考えられます。

脳はぶどう糖を栄養にしていますので、炭水化物を抜いた生活をしてしまうと思考力が低下したり、記憶力が落ちてしまいます。

ですので、炭水化物は少量を食べる事が理想なんです。美味しいので食べ過ぎてしまいますよね。

そこをぐっとこらえて、必要最低限の炭水化物を摂取して、ダイエット出来る体・環境を作っていきましょう!


▲上に戻ってもう一度記事を読み直す▲

スポンサードリンク

benpi

このページの先頭へ